特進コース

私の世界を広がった、桜花学園での出会いと経験

2022年度伊藤 璃里子さん

桜花学園で自分らしさを発揮できるようになった伊藤さん。特進コースのメリハリある学校生活やバスケ部との出会いが、将来の夢につながったそうです。桜花学園で見つけた新しい自分と、高校生活の学びについて伺いました。

コース 特進コース
部活・活動 競技かるた部 副部長/写真部
入学 2022年4月

女子高だからこそ、素直な自分でいられる

桜花学園に入学した1番の理由は、女子高だからです。これまでは共学だったので、環境が変わることに不安もありましたが、もしかしたら今までと違って自分の意見を言えるようになるんじゃないかなと思ったんです。実際、困ったことがあったときに、友達に助けを求めたり、授業で話し合う場面があったときにも、いろんな友達と話せるようになりました。思ってた以上に素直な気持ちを言えるので、桜花に入ってよかったなと思います。

また、桜花は全国大会に出ている部活動が多いです。新しいことにもチャレンジしたかったので、何か打ち込めることをやりたかった。部活動紹介で、競技かるた部の先輩方がとても仲が良くて楽しそうで、私もその中に入りたいと思って入部しました。実際に仲が良いし、お互いを高め合う環境があるので、成長を感じられます。

勉強も遊びも。友達と一緒だから楽しめる

特進コースを選んだ理由は、勉強のサポートが充実していると聞いたからです。授業では先生方が丁寧に教えてくれますし、わからないことがあれば親身になって相談に乗ってくれます。また、大学の先生を招いて入試について詳しい話を聞く機会もあり、将来の進路を見据えた学習ができます。

特進コースの特徴は、メリハリがあることだと思います。授業に集中する一方で、授業の合間や放課後には、友達と一緒に勉強したりおしゃべりしたりと、楽しい時間も過ごせます。勉強では、わからないことを友達と教え合っているので、よい刺激になっています。

桜花学園の校舎はとてもきれいで、エスパス・ソフィアなどの勉強できる場所も充実しています。礼法室など他の学校にはない施設もあるので、貴重な体験もできるのも魅力です。

普段の授業以外にも、「アクティブサタデー」という取り組みがあります。これは、生徒一人ひとりの興味や関心に合わせて、好きなことを伸ばしたり、将来の道への後押しとなるような学習ができる機会です。授業では学べないことにも触れられるので、自分の身になります。

バスケ部との出会いが、新しい世界を見せてくれた

入学してから桜花はバスケ部が強いと知り、バスケ観戦が趣味になりました。大会の試合も応援しに行っています。すごく迫力があって、チーム一丸となって戦ってる姿に感動したんです。みんな明るくて、みんなでチームを盛り上げていて、かっこよかったんです。どんなときも一生懸命努力する姿がとても魅力的で、いつも勇気とパワーをもらっています。

将来はバスケに関わる仕事がしたいと思っています。感動やパワーをたくさんもらったので、今度は私が選手たちを支える側になりたい。卒業後は、トレーナーの勉強をして、スポーツについて深く学びたいと考えています。