最新情報

 5月7日(土)、桜花一日保育園が行われました。3年保育コースの生徒が日頃の学びを実践するため、近隣のお子さんをお預かりし、系列校の先生(保育の専門家)から評価・助言をいただく行事です。今後、オープンスクールや学校説明会のある土曜日などにも実施予定です。


6/18オープンスクール当日にも、一日保育園を実施しました。以下は、一日保育園を見学したオープンスクール参加者の感想です。

  • 小さい子の目線で話をしていて子どもたちが楽しそうでした。
  • わかりやすいようにゆっくり話していて、工夫されていると思った。
  • 小さい子も簡単に作れる物を作ったり先生が近くで1グループずつ見守ったりしていて、とても楽しそうな雰囲気がいいと思いました。
  • 表情豊かに接していて素敵でした。
  • 全員高校生なのに、本当の保育士さんみたいに子ども一人一人と向き合っいて、すごいと思いました。
  • 子どもへの接し方が上手だった。
  • 作品のクオリティーが高かった。
  • 皆楽しそうに一生懸命に頑張っている姿を見て、高校生なのに保育士さんみたいでびっくりしました。(保護者)
  • 園児に寄り添って接している様子が素敵でした。(保護者)
  • 保育コースの説明をしてくださった3年生の生徒さんがしっかりしていて感心しました。(保護者)
  • 生徒の皆さん全員が幼児に対する接し方、マスク越しでも伝わる笑顔の優しさがとても印象的です。ステキな先生目指してがんばってください。(保護者)
  • 現在、幼稚園教諭として仕事をしています。貴校出身の教員が保育者としても人としてもしっかりとした姿勢を持っており、大変子どもたちのことを考え向き合える教員です。おそらく、このような環境や経験があってこそと素晴らしく思いました。(保護者)

6月11日(土)に行われた「第25回俳句甲子園」東海地区大会において、本校の俳句同好会Aチームが優勝しました。これにより、8月19日(金)~22日(月)に愛媛県松山市で行われる「第25回俳句甲子園全国大会」への出場が決定しました。応援よろしくお願いいたします。



 6月11日(土)に名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)で開催された「第61回愛知県合唱祭」に、本校の合唱部が出場しました(58年連続)。この舞台で歌った曲は、6月18日(土)の第1回オープンスクールでも披露いたします。沢山の方のお越しをお待ちしております。



6月9日(木)、防災訓練を実施しました。地震および火災が発生した想定で全校生徒が校庭へ避難した後、昭和消防署の方から消火器の使用法を教わりました。


消防署の方のお話

水消火器を使い、使用法を教わりました


各クラスの代表者が消火の体験をしました

校長講話


 6月2日(木)、1年生特進コースおよび2年生特進コース理系クラスの生徒を対象とした、名古屋大学の模擬講義を行いました。名古屋大学生物機能開発利用研究センター 植物遺伝子機能芦刈研究室の芦刈基行教授にお越しいただき「植物はなぜ伸びるのか」というテーマでお話を伺いました。イネを品種改良しアフリカの食糧危機を解消するプロジェクトや、タケの茎が急激に伸びるしくみなどについて、クイズや動画も交え分かりやすく説明してくださいました。

生徒の感想(抜粋)

  • 講義を受けるまで、農学部は農業を学ぶだけだと思っていました。しかし、日本だけでなく世界に貢献している事を知り、農学部に魅力を感じました。どんな学科があるのか、調べてみようと思います。
  • 写真や動画をたくさん用意して下さったので、分かりやすかったです。今回はイネ科の植物についてでしたが、それ以外の世界三大作物であるコムギやトウモロコシの茎伸長についても知りたくなりました。
  • 講義を受ける事で、ネットで調べるよりも農学部に興味が湧きました。もっと植物について知りたくなる、素晴らしい時間でした。
  • 身近な話題やクイズを通し、楽しく学ぶ事ができました。特に印象的だったのは、浮きイネです。雨期のある地域で5mにまで成長する事や、その成長速度にも驚きました。他にも同じような植物がないか、気になりました。
  • 食品ロスが思っていたより多く、驚いた。他人事だと思わず、考えて買い物をしたい。
  • はじめは農学に興味がなかったけれど、お話を伺ううちにとても面白くなってきて、新しい事を知る事ができ、良い経験になりました。ありがとうございました。