最新情報

全国大会出場が決定

 インターアクトクラブでは、聴覚障害者の理解の観点から「手話」の勉強をしています。今年度も手話の能力を生かし、全国大会への切符を手にすることができました。

第38回全国高校生手話によるスピーチコンテスト

 インターアクトクラブの津田愛心(まなみ)さんが、1次予選(スピーチ原稿審査)、2次予選(手話技能審査)を通過し、9月12日(日)に東京で実施される「全国高校生手話によるスピーチコンテスト」に出場(全国で10名)することが決定しました。津田さんのテーマは、「見えない先に…」です。

第8回全国高校生手話パフォーマンス甲子園

 この大会は、手話を用いたパフォーマンス(ダンス・歌・演劇など)を発表する大会です。インターアクトクラブは、7月末に行われた予選会(ビデオ動画)に通過し、10月3日(日)に鳥取県で行われる「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」への出場(全国で15校)が決定しました。本選では、絵本を題材にしたパフォーマンスを披露する予定です。

高校生ボランティア・アワード2021

 今年度の「高校生ボランティア・アワード2021」は、名古屋国際展示場で開催される予定でしたが、コロナウィルスの影響からzoom審査に変更されました。全国大会の1次審査(活動発表会)では本校のインターアクトクラブが選抜校16校の1つに選ばれました。そして8月17日(火)の本番で具体的な活動発表に臨み、特別表彰(SOMPOケア賞)を受賞しました。