最新情報

12月20日(月)、図書館文化サロンを開催し、生徒や保護者、教職員約50名が参加しました。今回は本校のハンドベル同好会を指導してくださっている杉山仁美先生に「ハンドベルの始まりと日本のハンドベルの歴史」ーハンドベルはすばらしい教育楽器ー という演題で講演していただきました。

約450年前にイギリスの教会で生まれたハンドベルの歴史から現代までのつながり、教育楽器としての素晴らしさまで、高校生にも分かりやすく解説していただきました。生徒もハンドベルを手に取って演奏を体験し、大変喜んでいました。


講師の杉山先生


ハンドベルのルーツについて


きらきら星を即興で演奏


参加者の感想(抜粋)


  • ベルに沢山の種類があって驚きました。ベルの歴史などについて学ぶことができました。とても楽しかったです。
  • 大変勉強になり、心が豊かになりました。ありがとうございました。
  • ハンドベルの奥深さが分かり、興味深かったです。先生の情熱が伝わってきました。
  • 丁寧に説明してくださり、大変分かりやすかったです。綺麗な音色に魅了されました。
  • ハンドベルは素敵な楽器だと思いました。
  • イギリスのベルの音を動画で視聴でき、とても良い機会になりました。