最新情報

平成29年度 1年生オリエンテーション合宿(感想を追加)

 4月17日(月)~19日(水)および19日(水)~21日(金)、車山高原(長野県)にて新入生のオリエンテーション合宿を行っています。スタンツやハイキングなどで行動を共にし、親睦を深める行事です。


開校式

代表生徒宣誓

白樺湖までハイキング

全体集会

クラス討議

ドッジボール大会

キャンドルサービス

スタンツ

全体発表

生徒の感想(抜粋)

  • 最初は不安や心配事がたくさんあり、正直合宿に行きたくありませんでした。しかし、ハイキングで歌を歌ったり笑い合ったりしするうちに、楽しくなりました。少ししか話したことのなかった人とも、この合宿を機に親しくなれて、良いことばかりでした。
  • 合宿を楽しく過ごすためには、時間やルールなど、意識しなければならないことがたくさんありました。これからの学校生活でも、オリエンテーション合宿で学んだことを生かし、3年後、桜花生でよかったと思えるようにしたいです。
  • 5分前行動をすると、自分自身に余裕ができることに気づきました。翌朝スムーズに行動できるよう、前日の夜に用意を終わらせたことで、安心感が生まれました。高校生活でも、宿題や復習は当日中に終わらせるなど、合宿での学びを取り入れたいです。
  • 高校では中学の知り合いが全くおらず、入学前から不安でした。でも、合宿中に友人ができました。友人が部屋のスリッパを整えてくれたり、体調不良の人に声かけしたりしていて、細やかな気配りがとても素敵だと思いました。私も、周囲をしっかり見て行動したいです。また、合宿や日常生活で私を助けてくれた人たちに、優しさを返していきたいです。
  • 心に残ったことは「小さな目標でも大きな目標でも、立てることが大切で、目標がないから勉強できないというのは言い訳だ」という言葉です。私も今ははっきりした目標がないけれど、一生懸命勉強して、目標を見つけたいです。
  • 食事の時間は、感謝する時間になりました。食材をじっくり見て、ゆっくり噛み、味わって食べる。私にとって初めての体験でした。食事時間がとても新鮮で、楽しみな時間になりました。夜は班の皆とお話しして、打ち解けることができました。
  • 2日目のドッジボール大会は、本当に楽しかったです。私の組は応援だけでなく、団結力も一番だったと思います。みんなで協力してプレーし、一人一人の力は小さくても、集まれば大きくなることを学びました。

 


平成29年度 2年生芸術鑑賞「雅楽への招待」(感想を追加)

 4月19日(水)、2年生の生徒が、ウィルあいちで行われた「"雅楽への招待"東儀秀樹 雅楽トーク&ライブ」を鑑賞しました。


狩衣姿で笙を演奏する東儀さん

途中からは洋服で

生徒も笙の演奏を体験

本校合唱部とのセッション

生徒の感想(抜粋)

  • 音楽の授業では、雅楽の楽器や演奏は教科書や映像でしか見たことがありませんでしたが、実際に見てみるとやはり素晴らしく、興味深かったです。
  • すごかったです。18歳から始めてもプロとして活躍されていて、私も今から本気でチャレンジすれば、東儀さんのようになれるかもと思い、「がんばっていこう」と前向きな気持ちになれました。
  • 即興で作ったピアノのメロディーに感動しました。独学とは思えませんでした。他にも、「ハナミズキ」などは東儀さんの心が込められているようで、鳥肌が立ちました。
  • 日本の古典芸能を間近で見ることができ、とても良い経験になりました。ためになるお話もたくさん聞けて、なるほどと思えました。
  • 生き方のお話が良かったです。最初から切り捨てず、一度やってみることが大切だと思いました。
  • 今回の芸術鑑賞のおかげで、古典芸能といっても、堅苦しいものではないことを知ることができました。
  • 素敵な音色をたくさん聞けて、大満足でした。
  • 初めての経験で、ワクワクしました。
  • 篳篥(ひちりき)など、雅楽を初めて聞いて、こんなにもきれいな音が出ることにとても驚きました。
  • 私たちの世代でも知っているJ-POPなども演奏してくれたので、飽きませんでした。

 


平成28年度 春季カナダ語学研修(感想を追加)

 3月12日(日)~26日(日)、カナダ語学研修に1、2年生の希望者21名が参加しました。現地の家庭にホームステイしながら午前中は英語の授業を受け、午後は様々なアクティビティで実践的な英語力を磨くプログラムです。

参加生徒の感想(抜粋)

  • カナダではCMにも多様な人種が出演していたり、持ち寄りパーティーで様々な国の料理が並んだりするのを見て、多文化主義を感じました。一番の思い出は、誕生日です。研修中に16歳を迎えましたが、カナダでは16歳の誕生日が特別なものらしく、ケーキやカード、プレゼントで祝っていただきました。貴重で特別な体験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。今回、カナダの方々が私たちを温かく迎えてくださったので、また行ってみたいです。(1年特進コース)
  • 私は今回、初めて海外に行きました。不安もありましたが、親切な方ばかりでしたし、学校には桜花の皆がいたので心強かったです。この研修を通して、自分の英語が通じた時の嬉しさや英語を話す楽しさ、適切な表現が出てこない悔しさを感じました。今までより明確に、語学系の大学に行きたいと思うようになりました。現地の方々や一緒に参加したメンバー、素敵な経験をさせてくださった皆様に感謝します。(2年文Ⅰコース)
  • 私は人見知りで恥ずかしがり屋だし、海外なんて行けないと思っていました。でも、多文化に触れたいという思いもあり、こんなチャンスはなかなかないし、受験前最後のチャンスということもあり、大変だろうけど挑戦してみることにしました。実際行ってみると、日本との違いをたくさん発見でき、戸惑いよりも楽しさが大きかったです。研修中は家族も心配していたようですが、帰国後に楽しかった話をしたら、「大きくなって帰ってきた」と言われ、嬉しかったです。(2年文Ⅰコース)
  • 2週間で、素晴らしい経験ができたと感じています。ホストファミリーはすごく優しく、フレンドリーでした。私は人見知りですが、ホストマザーが明るく話しかけてくれたので、日常会話やお手伝いを楽しく行うことができました。また、生活の中で日本との違いをたくさん発見できました。この経験を無駄にしないよう、日々の英語学習に励みたいです。(2年保育コース)
  • 語学研修を通し、本物の英語に触れ、自分の英語力を確かめることができたのが良かったです。午前中の授業では、先生がすごく優しくて質問しやすく、積極的に挙手をして発言できました。午後のアクティビティではカナダの色々な場所に行くことができました。シニアホームやさよならパーティーでは手遊びを披露しました。子供から高齢者まで、みんなに楽しんでもらえて、本当に嬉しかったです。2週間はすごく短く、あっという間でした。これからも日頃の勉強に励み、次はもっと長く海外へ滞在したいです。(2年保育コース)
  • 私は英語が苦手で、現地の人たちとうまくコミュニケーションできるか不安でした。でもこの研修を通し、自分の意見をはっきり言わないと相手に通じないことや、「ありがとう」「お願いします」は必ず伝えることの大切さを学べました。また、たくさんのカナダの友人を作ることもできました。バディの中に、私と音楽の好みが同じ子が何人かいて、一緒に歌ったり踊ったりしました。本当に楽しかったです。英語がもっと話せると、もっと楽しめることが分かったので、これからはもっと英語を頑張っていこうと思います。(2年保育コース)

セントレアから成田を経由し、バンクーバーへ

ホストファミリーと対面

地元の歴史を学ぶ施設・フォートラングレーを訪問

ブリティッシュコロンビア大学で講演を聴きました

午前中は英語の授業

バディも授業に参加します

各家庭のルーツについて発表

ドリームキャッチャーを作りました

ホワイトロック観光

各家庭の料理を持ち寄るパーティー

カナダで人気のカーリングを体験

    

バンクーバーの街を観光

バディと一緒にランチ

高齢者施設を訪問

入居者の方々と交流しました


「平成28年度 春季カナダ語学研修(感想を追加)」の続きを読む

平成29年度 入学式

4月6日(木)、第65回入学式が行われました。

404名の新入生とご家族

合唱部、管弦楽部による歓迎の演奏

本多校長 式辞

大谷理事長 祝辞

新入生代表 宣誓


平成29年度入試 合格実績(4/1現在)

 以下のPDFファイルをクリックしてご覧下さい。(過去8年間の実績はこちら、合格体験談はこちらです) 


ファイルイメージ

医療系大学(薬・看護・理学療法など)の合格者数は、以下のPDFファイルでご覧いただけます。


ファイルイメージ

コース別の合格校・就職先(抜粋)については、以下のPDFファイルでご覧いただけます。


ファイルイメージ
  • 本校のコース制についてはこちら