最新情報

 4月16日(月)~18日(水)および18日(水)~20日(金)、車山高原(長野県)にて新入生のオリエンテーション合宿を行っています。スタンツやハイキングなどで行動を共にし、親睦を深める行事です。


開校式

全体集会


ホテルの方へ挨拶

白樺湖へハイキング


キャンドルサービス

スタンツ


ドッジボール大会


食事


生徒の感想(抜粋)


  • 合宿に来るまでは、皆の名前も覚えられていないし、すごく不安でした。でも初日にハイキングがあり、歩きながらクラスメイトと話したり歌ったりして、距離を縮めることができました。食事や入浴でも、班のメンバーの気遣いや思いやりを感じられ、楽しかったです。2日目のドッジボール大会では試合前に円陣を組み、どのクラスよりも盛り上がりました。
  • この3日間で、集団行動の大変さや計画通りに進める難しさを知ることができました。初日はいつもの友人と一緒だったけれど、だんだん違う子たちとも話せるようになり、本当に良かったです。一度も話したことのなかった子とも話せて、良い所をたくさん見つけることができました。ドッジボール大会では、ハイタッチをしたり励まし合ったりして、このクラスで良かったなと思いました。班長や委員長も頼りがいがあり、見習いたいと思いました。初日の不安も、すべて楽しさに変わりました。友人の大切さを、改めて感じました。
  • 一番大変だったのは5分前行動ですが、少しずつ慣れることができました。余裕を持って行動することで、ドッジボールを長く楽しむことができました。これからも、心がけたいです。
  • 桜花生として、四訓の意味を学びました。「感謝」この合宿を計画してくださった方々や運転手さん、ホテルの方など、沢山の人とつながり、お世話になったことにとても感謝しています。形にしないと伝わらないので、「ありがとうございます」「いただきます」など、しっかり言葉で伝えることができました。「規律」親元を離れた合宿で、当たり前のようにやってもらっていたわがままをなくし、すべて自分でやる必要がありました。これからは自分のことは自分でやり、社会性を身につけていきたいです。「奉仕」「努力」は、合宿中はあまり実践できなかったので、これからの生活で実践したいです。
  • スタンツの練習では、皆で意見を出しあうことで完璧なダンスができました。発表後は達成感が大きく、友情も深まったように感じました。この合宿を通し、多くの事を学び、楽しむことができました。