最新情報

 本校図書館では、年2回の保護者懇談会期間中(7月、12月)に文化サロンを実施しています。12月18日(月)の午後に、第2回の文化サロンを実施しました。

講師は子どもの本専門店「メルヘンハウス」の三輪丈太郎先生。児童書についての講演を聞きました。「子どもと一緒に楽しむ」姿勢が大切とか、「心に沈殿して行く本」を選びたいとか、実に内容の濃いお話を聞くことができました。

生徒・保護者・教員合わせて約100名が参加し、非常に充実した90分間を過ごすことができました。


三輪先生

熱心に聞き入る生徒たち


参加者の感想(抜粋)


  • 「子どもに読ませる」のではなく、「一緒に読む」ということを伺ったので、生かしたいと思いました。2年から保育コースへ行くので、頑張ろうと思います。
  • すごくためになる話で、とても面白かったです。
  • 久々に絵本を見て、聞いて、分かりやすいと思いました。小さい頃とはまた違った楽しみがありました。
  • 本選びの参考にもなり、とても充実した時間でした。
  • 自分の役に立つことばかりで、参加してほんとうに良かったです。将来、活用したいです。ありがとうございました。
  • 初めて参加しましたが、もっと前から来ていれば良かったです。
  • 実際に読んでくださったので、どう読むと子どもを引きつけることができるのか分かりました。
  • 今度、保育の授業で紙芝居を読みます。今回学んだことを生かし、上手にやりたいです。絵本選びの参考になりました。
  • 子どもに本を読むことで、すぐに効果がなくても、その後の人生で役立つことがあるので、自分の子どもにも、沢山の本を読んであげたいです。
  • 90分があっという間に感じ、たくさんメモを取らせていただきました。自身の幼少期→保育者→母として、絵本とは長い付き合いですが、対象年齢の上限はないというお言葉にワクワクし、これからも多くの絵本と出会い、他の人にも紹介していきたいと思います。