最新情報

 生徒の進路意識を高めるため、8月19日(土)に関東方面、8月28日(月)に関西方面の大学キャンパスツアーが開催され、1、2年生の生徒計29名が参加しました。どちらのツアーも生徒の満足度は100%で、行ってみて視野が広がった、楽しかった、という感想がほとんどでした。

関東編

 関東では、まず首都大学東京のオープンキャンパスに参加しました。キャンパスに着くと、非常に多くの高校生でにぎわっていました。あまり時間がなかったので、校内をお散歩する感じになってしまいましたが、首都大の人気の高さを実感しました。
次は、慶應義塾大学でランチです。生協の食堂でいただきました。カフェテリアもあるようですが、おしゃれランチは入学してからのお楽しみです。
最後の東京大学は、学生ガイドさんについてもらって、2時間のキャンパスツアーに参加しました。さすが東大生、という感じのお2人に案内していただき、東大の歴史や建物の説明を聞きながらのキャンパス散策は、生徒も大変楽しんでいました。東大に合格するための勉強方法など、アドバイスもいただくことができました。


東大の赤門前


東大生によるガイド


関西編


関西では、まず同志社大学で入試課の方から大学の説明を伺い、キャンパス内を自由に見学しました。重要文化財に指定されている建物など、おしゃれなキャンパスを満喫しました。その間に希望者は、京都大学のキャンパスを散策しました。
また、立命館大学は、2つのグループに分かれて、在学生のガイドさんにキャンパスを案内していただきました。とてもフレンドリーで親切なガイドさんに、生徒は親近感と憧れの気持ちを抱いたようです。新しい建物に囲まれたキャンパスは、同志社大学とはまた違った趣を感じました。


立命館大学のガイドさんと


参加生徒の感想(抜粋)


  • 在学生のガイドさんに案内してもらえたのが良かったです。(4名)
  • とてもいい経験ができました。(2名)
  • 今回このツアーに参加したことで、進路の幅が広がったと思いました。(2名)
  • 行ってみて、すごく印象が変わった。
  • 進路の決め方について考えることができた。
  • ツアー形式だったので、1日で効率よく回ることができて良かった。
  • あまり県外の大学に興味がなかったけれど、自ら足を運ぶことによって大学の雰囲気や自分が思っていたものと違うな、と感じたので良かった。
  • 事前に大学をあまり調べていなかったが、自分の興味のある学部があることがわかったので、これから調べてみようと思った。
  • ネットやパンフレットだけではわからない大学の雰囲気を知ることができました。
  • 同志社大学の素晴らしい校風、立命館大学のきめ細やかなガイド、どちらも魅力的でとても充実したツアーになりました。
  • 本当にとても楽しかったです。