最新情報

 4月19日(水)、2年生の生徒が、ウィルあいちで行われた「"雅楽への招待"東儀秀樹 雅楽トーク&ライブ」を鑑賞しました。


狩衣姿で笙を演奏する東儀さん

途中からは洋服で

生徒も笙の演奏を体験

本校合唱部とのセッション


生徒の感想(抜粋)


  • 音楽の授業では、雅楽の楽器や演奏は教科書や映像でしか見たことがありませんでしたが、実際に見てみるとやはり素晴らしく、興味深かったです。
  • すごかったです。18歳から始めてもプロとして活躍されていて、私も今から本気でチャレンジすれば、東儀さんのようになれるかもと思い、「がんばっていこう」と前向きな気持ちになれました。
  • 即興で作ったピアノのメロディーに感動しました。独学とは思えませんでした。他にも、「ハナミズキ」などは東儀さんの心が込められているようで、鳥肌が立ちました。
  • 日本の古典芸能を間近で見ることができ、とても良い経験になりました。ためになるお話もたくさん聞けて、なるほどと思えました。
  • 生き方のお話が良かったです。最初から切り捨てず、一度やってみることが大切だと思いました。
  • 今回の芸術鑑賞のおかげで、古典芸能といっても、堅苦しいものではないことを知ることができました。
  • 素敵な音色をたくさん聞けて、大満足でした。
  • 初めての経験で、ワクワクしました。
  • 篳篥(ひちりき)など、雅楽を初めて聞いて、こんなにもきれいな音が出ることにとても驚きました。
  • 私たちの世代でも知っているJ-POPなども演奏してくれたので、飽きませんでした。