卒業生の方へ

教育実習

 教育実習は、教職資格を取得するための必須の専門科目であり、教員免許法施行規則に基づき、大学の教育課程の一環として課されるものです。
 したがって、高校では大学および実習生からの依頼・要望によって実習を計画します。実習を希望する人はこのことをよく考え、在籍している大学の学生としての自覚・教員を志す者としての自覚を強く持ってください。 


実習受け入れに必須の条件

・桜花学園高等学校の卒業生であること
・将来、必ず教職に就く意志を持っていること
・本校の実習生受け入れの条件や留意点を理解し、指導方針に従うこと

実習申し込みを受け付ける期間

教育実習を行う前年の、5月1日から7月19日まで(本校の休業日は除く)。この期間に本人が来校し、申し込んでください。郵送や代理人は認めません。
<持参するもの>
印鑑、大学からの依頼書および内諾書、関係書類を郵送するための切手、ハガキ2枚
※来校前に、実習を希望する教科の主任へ連絡してください。

申し込み後について

実習の申し込み内容に問題のない場合は内諾として受理します。不都合のある場合は、11月までに在籍大学へ連絡します。
・実習の説明会を、実習を行う年の5月中旬(実習の約1週間前)に行います。必ず出席してください。
・教育実習費として、1週間当たり6,000円を実習の1週目に本校へ納めてください。


卒業生の方への一覧へ

HOMEに戻る

卒業生の方へ